記事一覧

〇 あしたの君へ  柚月裕子



文藝春秋 (2016/7/29)
裁判所職員採用試験に合格し、家裁調査官に採用された望月大地。 だが、採用されてから任官するまでの二年間――養成課程研修のあいだ、修習生は家庭調査官補・通称“カンポちゃん”と呼ばれる。
試験に合格した二人の同期とともに、九州の県庁所在地にある福森家裁に配属された大地は、当初は関係書類の記載や整理を主に行っていたが、今回、はじめて実際の少年事件を扱うことになっていた。 窃盗を犯した少女。ストーカー事案で逮捕された高校生。一見幸せそうに見えた夫婦。親権を争う父と母のどちらに着いていっていいのかわからない少年。 心を開かない相談者たちを相手に、彼は真実に辿り着き、手を差し伸べることができるのか――
彼らの未来のため、悩み、成長する「カンポちゃん」の物語。
柚月さんのデビュー作「臨床真理」を読んだときの事を思い出した
「なんだかいろんな意味で女性的な作品に感じた」と私は感想に書いているけど
それと同じものを感じた 

これは女性の方に失礼な評だったと反省して撤回します^^;
改めて…「多面体を一方から見て こう見えてるのだからこれが真実なのだと主張する」そういう感じを受けた
「人の人生って こんな薄っぺらなもんじゃないやろ~」っと思ってしまう

柚月裕子さん 面白い作品も多いんだけど… 私には当たりはずれのある作家さんのようです^^;

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム