記事一覧

☆ 天と地の守り人  上橋菜穂子




































  新潮社 (2011/5/28)
〈第1部〉ロタ王国編 
大海原に身を投じたチャグム皇子を探して欲しい―密かな依頼を受けバルサはかすかな手がかりを追ってチャグムを探す困難な旅へ乗り出していく。刻一刻と迫るタルシュ帝国による侵略の波、ロタ王国の内側に潜む陰謀の影。そして、ゆるやかに巡り来る異界ナユグの春。懸命に探索を続けるバルサは、チャグムを見つけることが出来るのか…。大河物語最終章三部作、いよいよ開幕。

〈第2部〉カンバル王国編 
再び共に旅することになったバルサとチャグム。かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、苦難の中で、まぶしい脱皮を遂げていく。バルサの故郷カンバルの、美しくも厳しい自然。すでに王国の奥深くを蝕んでいた陰謀。そして、草兵として、最前線に駆り出されてしまったタンダが気づく異変の前兆―迫り来る危難のなか、道を切り拓こうとする彼らの運命は。狂瀾怒涛の第二部。

〈第3部〉新ヨゴ皇国編 
ロタとカンバルがうごいた!北の諸国のうねりを背に、瀕死の故国へ帰還するチャグムに父との対決の時が迫る。緒戦の犠牲となったタンダの行方を必死に探し求めるバルサ。大地が揺れ、天変地異が起こるとき、金の鳥が空を舞い、地を這う人々の群れは、ひたすらに生きのびようとする。―十年余りの時をかけて紡ぎだされた大河物語の最終章『天と地の守り人』三部作、ついに完結。
あぁ 終わってしまった… もう、みんなに会えないのかなぁ
大好きなシリーズ 何も言うことはありません ぜひ読んでみてください!!


…と言いつつ ちょこっと言わせて(笑)
素晴らしい物語だと思います 全編を通してしっかりとした無駄のない作りで シリーズにありがちな弛みのない 完成された物語だと感じました
人がそれぞれの立場で一生懸命に生きる様を 淡々と、そして暖かく見守るような作者の目線がとても心地のいい世界を作り上げている

そしてなんと言っても 登場人物の魅力的な事!!
チャグムやバルサ、タンダはもちろんですが タルシュ帝国のヒュウゴやサンガル王国サルーナ姫 ロタ王国のイーハン弟王など スピンオフ作品が読みたくなるような登場人物がいっぱい ぜひ、読んでみたいなぁ

そして チャグムがどんな王になりどんな国作りをしたのか(シュガやジンもね) バルサとタンダはどんな生活をしているのか いつかみんなと再会できる日を夢見て…

後は短編を 名残を惜しみながら読みたいと思っています♪

スポンサーサイト



コメント

No title

このシリーズが児童書だったなんて信じられませんよね。
当初の水の精霊のたまごの話からシリーズに拡大していく時には、終わりではない嬉しさとレベルを保てるのかとの老婆心がわきましたが、ホント、大きなお世話でした(笑)

No title

☆砂時計さん
ほんとうにそう思います!
子供がこれを読んでどう感じるのか… 子供に戻って読んでみたい気がします(笑)

恥ずかしながら 私は「精霊の守り人」ではそれほど感動しなかったんです 完成度は高いとは思いましたが まぁありがちな物語かな…って
それが「闇の守り人」でぐぐっともっていかれましたw

細い川が集まって大河になるが如く盛り上がり シリーズとしての収まりも凄いと思いす♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム