記事一覧

〇。火星に住むつもりかい?  伊坂幸太郎




光文社 (2015/2/18)
住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる―身に覚えがなくとも。
交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが…。

今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか?
そのとき!全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!
前半は いつもの伊坂作品とはちょっと違った雰囲気で 登場人物も次々変わり掴みどころがない感じだけれど 真壁鴻一郎が登場したあたりから一気に転がりだす
「平和警察」は なんとも嫌な設定なのに 伊坂さんらしく読後感は悪くない

正義の味方と呼ばれている人物がさほど正義に燃えているわけでもなく 実質「平和警察」の鼻を明かす真壁鴻一郎も正義のヒーローとは程遠い

「平和警察」に象徴される人間が持つ残虐性と 正義の味方の中で揺れる「正義と偽善」 どれも多様性をもっていて一概に決めつけることはできないと思う
そういったものを緩く描いているところが伊坂さんらしいと感じた

ちょっと戸惑い気味ですが…^^;これはこれで面白かったと思います

スポンサーサイト



コメント

No title

これは面白そうです♪ 探してみます。

No title

☆エコットくん
前半はちょっと読みにくかったですが 後半は勢いがついてきました!ちょっと個性的な作品でしたよ^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム