記事一覧

◎。サブマリン  伊坂幸太郎



講談社 (2016/3/30)
「武藤、別におまえが頑張ったところで、事件が起きる時は起きるし、起きないなら起きない。そうだろ? いつもの仕事と一緒だ。俺たちの頑張りとは無関係に、少年は更生するし、駄目な時は駄目だ」/「でも」/うるせえなあ、と言いたげに陣内さんが顔をしかめた。/「だいたい陣内さん、頑張ってる時ってあるんですか?」/と僕は言ったが電車の走行音が激しくなったせいか、聞こえていないようだった。

『チルドレン』から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。
久々に陣内さんに出会えて嬉しい もう12年も経つんですね…
陣内さんは相変わらず支離滅裂で そして相変わらず魅力的でした

少年犯罪と少年法 色々な意見があるけれど 何が正解とは言えないデリケートな問題 
どうしても偏りがちなこの問題をあるがままに捉え そして加害者にも被害者にも寄り添うような とても真面目で優しい物語だと思います


************************
相手の大事なものを蔑ろにするな。
反対に、悪い奴らってのは 誰かの大事なものや大事な人を、馬鹿にして、優位に立とうとする。自尊心や命を削ろうとする。そういう奴と同じになるなよ
************************

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム