記事一覧

○。君の膵臓が食べたい  住野よる



双葉社 2015.6.17
偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。
全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!
インパクトのある題名に どんな内容なのかと期待したのですが…
内容は特に変わったところはありません 普通に、いいお話ですw

ストーリーもいいし勢いもある テーマもわかりやすいし いい小説だと思う
ただ 婆にはちょっと可愛すぎたかな
若い方が読むには とても素敵なお話になっていると思います

スポンサーサイト



コメント

No title

娘に お母さんが好きそうな内容だよと
すすめられて
いま読んでいます

そーなんですよねー
若いんですよねー
2人の会話のやり取りが 笑

だから
なかなか集中して読み進めない 笑

No title

☆いむっぺちゃん
娘さんにこれが好きだと思ってもらえるお母さんって 素敵だね~

でも 母は、ちょっと苦戦してるのか?
だよね~(¨)(..)(¨)(..)ウンウン 若すぎるよね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム