記事一覧

◎。リバース  湊かなえ



講談社 2015.5.20
深瀬和久は平凡を絵に描いたようなサラリーマンで、趣味らしいことといえばコーヒーを飲むことだった。その縁で、越智美穂子という彼女もできてようやく自分の人生にも彩りが添えられる。と思った矢先、謎の告発文が彼女に送りつけられた。
そこにはたった一行、『深瀬和久は人殺しだ』と書かれていた。

深瀬はついに、自分の心に閉じ込めていた、ある出来事を美穂子に話し始める。全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとを去ってしまう。
そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた大学時代のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。

”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。
とても好きな雰囲気の作品

帯にあった「人殺しと告発される」というのを見て 初期の湊作品の過激さか?と思ったけれど そこにあるのはとても微妙な事件で 過激さは全くありません
どちらかと言うと 人の心の機微というか 繊細な部分を描いています

鮮明な悪意や軽蔑や驕りではなく 誰もが持っている ちょっとした保身だとかちょっとしたわがままだとか そういったものが悲劇を生み 
そしてその悲劇を日常の中で少しずつ昇華したり忘れたりしながら生きていく狡さ
そんなものがうまく描かれていたと思う

そして… 最後はお見事です!

スポンサーサイト



コメント

No title

静かな展開と衝撃のラスト、湊さんらしさ満載でとっても面白かったです。

No title

☆あられもちさん
大きな悪意があるわけでもなく でも、ちょっとした自分勝手が積み重なった事で起こる不幸
最近の湊作品はとってもいいですね~^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム