記事一覧

◯。職業としての小説家  村上春樹



スイッチパブリッシング 2015.9.10
いま、世界が渇望する稀有な作家──
村上春樹が考える、すべてのテーマが、ここにある。
自伝的なエピソードも豊かに、待望の長編エッセイが、遂に発刊!

目次
第一回 小説家は寛容な人種なのか
第二回 小説家になった頃
第三回 文学賞について
第四回 オリジナリティーについて
第五回 さて、何を書けばいいのか?
第六回 時間を味方につける──長編小説を書くこと
第七回 どこまでも個人的でフィジカルな営み
第八回 学校について
第九回 どんな人物を登場させようか?
第十回 誰のために書くのか?
第十一回 海外へ出て行く。新しいフロンティア
第十二回 物語があるところ・河合隼雄先生の思い出
あとがき

「MONKEY」大好評連載の<村上春樹私的講演録>に、
大幅な書き下ろし150枚を加え、
読書界待望の渾身の一冊、ついに発刊!
私は村上ファンだけれど あまり質のいい読み物とは思えなかった
くどいし、内容もありふれてるし…
こんな風に書かなくてはいけないほど 彼の作家人生、よほど風当たりが強かったんだろうなぁと感じさせてくれる文章です^^;

ただ、彼の小説を読むうえでは興味深い内容も多かった
今まで 彼がどんなことを考えながらそれぞれの作品を書いてきたのか どんな風に一つの作品を仕上げていくのか…
小説というものに対しての彼の考え方もよく解ったし そういう意味では面白かった

でも 舞台裏よりはやっぱり舞台! 素晴らしい長編を期待します♪

スポンサーサイト



コメント

No title

僕もよみましたが他で読んだことと重複しているかしょも多かったですよね。でも、彼の文章は堪能できたし、創作意欲の源泉も知れてきょうみぶかくもありました。この方は文壇に近づかなかったこらここまでこれたのかも知れません。

No title

☆チルネコさん
>この方は文壇に近づかなかったこらここまでこれたのかも知れません

(¨)(..)(¨)(..)ウンウン そうですね~
彼の作家としての在り方がとてもよくわかる本でしたよね^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム