記事一覧

◯。流(りゅう)  東山彰良



講談社 2015.5.13
1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。
大陸から台湾、そして日本へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!友情と初恋。流浪と決断。圧倒的物語。

第153回直木賞受賞作
満票での直木賞受賞ということで 楽しみにしていました
直木賞受賞は妥当かな?と思えるけれど ↑にあるような ”圧倒的物語”なんて言うのは大げさじゃない?

当時の台湾の生活や台湾の人々思いが読みやすく描かれている事は◎ ただ、小説としては あまり独創性も見られないし 文章の魅力も特にないように感じた

ただ 私は台湾を舞台にした小説をはじめて読んだので知らないことが多く 面白く読ませてもらった
大陸から台湾に渡った人々の想いや 元からの台湾人との確執 台湾と中国の関係や 日本に対する気持ち
台湾は親日とばかり思っていたけれど そんな簡単なものじゃないんですね…

翻訳物をあまり読まないので 外国の情勢を小説で知ることは少ないのだけれど
小説で少しだけでもよその国を垣間見れるのはとてもおもしろい

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム