記事一覧

◎ 火花  又吉直樹



文藝春秋 2015.3.11
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。

人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。
賛否両論のこの本ですが 私は悪くなかったなぁ
無理してる感はあったけど ちゃんと又吉ワールドがあって他の誰かが決して描けない世界を紡ぎだしていたと思う
ただ 芥川賞受賞に関しては 彼が無名の方なら無かったんじゃないかな…

でも 初めて書いた作品で これだけの世界感が出せるのは凄い
好きな世界かと言うと… ;;;;(;・・)ゞウーン(笑)

この先どんなものを書かれるかは楽しみにしています

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム