記事一覧

◯ 僕は小説が書けない  中村航・中田永一



KADOKAWA/角川書店 2014.10.31
生まれながらになぜか不幸を引き寄せてしまう光太郎。引っ込み思案で心を開くことができず、親しい友人もいない。血のつながりのない父親との関係をはじめ、家族との距離感にも悩んでいる。
高校に入学した光太郎は、先輩・七瀬の勧誘により廃部寸前の文芸部に入ることに。実は光太郎は中学生のとき、小説を書こうとして途中で挫折した経験があった。
個性的な先輩たちや強烈な個性のOBふたりに振り回されながら、光太郎は自分自身の物語を探しはじめる。
小説執筆ソフト「ものがたりソフト」を開発した中村航氏が プロット作りにソフトを使用し、中田永一氏と交互に執筆したという実験的な作品
内容はありきたりだけれど 試みとしてはおもしろいと思う

ただ 交互に書かれているので 読む方はなんだか落ち着かない
小説って上っ面の物語だけじゃなく その底辺にその作家のアイデンティティーみたいなものが感じられるので 短いスタンスでそれがぶちぶち途切れるようなかんじがして とても読みにくかった

中村さんの他の作品を読んだことがないから解らないけれど たぶん
中田さんの文章で引き寄せられた気持ちが 中村さんの文章で裏切られるみたいな感じがしたのだと思う

違いを楽しめる方には面白い本なのかもしれません^^;

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム