記事一覧

◎ 黒冷水  羽田圭介



河出書房新社 2003.11.22
兄の部屋を偏執的にアサる弟と、罠を仕掛けて執拗に報復する兄。兄弟の果てしない憎しみは、どこから生まれ、どこまでエスカレートしていくのか?出口を失い暴走する憎悪の「黒冷水」を、スピード感溢れる文体で描ききり、選考委員を驚愕させた、恐るべき一七歳による第四〇回文藝賞受賞作。
先日 又吉さんと供に芥川賞を受賞された羽田圭介さんのデビュー作品

17歳の時 当時最年少での文藝賞受賞
確かに高校生でこれを書いたと思うと驚かされる 評価もそれを込みでの高評価です

あまり楽しいとは言えない物語ですが 黒乙一に感じたような、悲惨な中にも作者の人となりが見え隠れするというか…優しさを感じるように思います

勢いと青さと素直さと… いい意味での 若さを感じる小説でした
芥川賞の受賞作も読んでみたいと思います^^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム