記事一覧

◎ トオリヌケキンシ  加納朋子



文藝春秋 2014.10.14
人生の途中、はからずも厄介ごとを抱えることになった人々。でも、「たとえ行き止まりの袋小路に見えたとしても。根気よく探せば、どこかへ抜け道があったりする。」(「トオリヌケ キンシ」)他人にはなかなかわかってもらえない困難に直面した人々にも、思いもよらぬ奇跡が起きる時がある――。短編の名手・加納朋子が贈る六つの物語。

高校に入ってから不登校・引きこもりになってしまったある少年。ある日彼の家に、一人の少女がやってきた。少女はかつて少年に助けてもらってもらったことがあるという――。『トオリヌケ キンシ』
「ある形」を見つけてしまう能力以外はごくごく平凡な女子高生。そのふしぎな力を生物の先生は「共感覚」と分析した……。『平穏で平凡で、幸運な人生』
やさしかった母がある日豹変、家の中でいじめられるようになってしまったタクミ。つらい日々の救いは、イマジナリーフレンド(想像のお友達)の存在だった。『空蝉』
人の顔が識別できない――「相貌失認」の「僕」は、高校入学を機にそのことをカミングアウトする。あろうことかその後「僕」はある女の子から「好きです」と告白される。不思議な始まりの恋の行方は? 『フー・アー・ユー』
長く連れ添った夫人を突然に亡くし、気落ちする亀井のおじいちゃん。家の中でひとりのはずが、ある日「座敷童がいる」と言い出した!『座敷童と兎と亀と』
前日に高熱を出して受験に失敗した「俺」は、ある場所に引きこもり、自分でコントロール可能な「明晰夢」を見る日々を過ごしている。そんな中で出会った女の子「ミナノ」、彼女は夢だったのか、それとも?『この出口の無い、閉ざされた部屋で』。
優しい語り口で描かれているけれど 内容は結構重いです
その重い内容を しっかりきっちりと描いておられますね・・・

加納さんと言えば 白血病を克服されて復帰なさいました
ご自身が生死をかけた経験をなさったことが この短編集に色濃く反映されているような気がします
 
加納さんの作品は若い方でも読みやすいとても解りやすい文章です そんな優しい物語の中で大切な事を伝え続けて頂きたいですね

スポンサーサイト



コメント

No title

加納さんの作品、
そうですね、ご病気されてから、
ドスンと響く作品を書かれている気がします。
苦悩した後、良い作品がうまれるのかなー!

No title

☆夕凪さん
やはり 自身が命の狭間に立つと説得力が違いますね・・・

加納さんの作品は子供たちにも読みやすいものが多いので そういう世代に向けて大切な事を伝えて頂けたらなぁと思います^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム