記事一覧

◯ 信長の棺  加藤廣



日本経済新聞社 2005.5.25
本能寺の変後、信長はどこへ消えたか――。日本史最大の謎に挑んだ本格歴史ミステリー。
光秀謀反にちらつく秀吉の陰謀。阿弥陀寺の僧侶が握る秘密の鍵。そして、主人公・太田牛一が最後につかんだ驚愕の事実とは。
ミステリーとしては面白かった!面白かったのだけれど…
著者と性質の合わないのかな?読んでてとってもフラストレーションが溜まる(-_-;

遺骸はなぜ本能寺から消えたのか?と阿弥陀寺の僧侶に関しては まあ小説らしい謎解きでこれはこれで面白いと思うし なぜ光秀が決起したかに関してはとっても面白かった(特に近衛前久なんて言うのはめっちゃ納得してしまった♪)

ただ 物語の流れがとっても身勝手に感じる
それも なんか”微妙~な所でぐんぐん身勝手!”(なんじゃその表現は~w)
表だって身勝手ならそれはそれでいいのだけれど いい人ぶって でもそれってめっちゃ身勝手やん!って悶々と、最後にはたまらなくなるくらい違和感があった

作家と読者の相性っていうのもあるんだねぇ(;^_^A  







っと思っていたら・・・

加藤廣氏の経歴を見たら 東大法学部卒の80代半ばの方でした
めっちゃ納得!この世代の高学歴の方によくあるタイプの方なんでしょうね・・・
これだけ人間性が出る 文章って怖いですね^^;

スポンサーサイト



コメント

No title

ずっと気になっていた本だけれど、イマイチの感想も目にして後回しにしてました。にゃ~ごさんの感想で、読むの止めに決定です。
不思議なくらい文章に人間性って出るんですよね~「東大法学部卒の80代半ばの方」とは、ストーリーを楽しむ以前に、考え方のズレがストレスになりそうです (^_^;)

No title

☆砂時計さん
∑(・o・;) アッ なんだか責任重大だわ

決っして面白くなかったわけではないのですよ~^^;
私はだめだったけど 初めての作家さんなら初読みくらいはしてみてもいいかも?
・・・っと 自分の感覚に自信のないにゃ~ごです(笑)

でも >「東大法学部卒の80代半ばの方」
この表現で私の言いたい事のニュアンスが解って下さるのなら やっぱ同じことを感じるような気もします^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム