記事一覧

◯。ペコロスの母に会いに行く  岡野雄一



西日本新聞社 2012.7.7
母は、人生の重荷を下したかのように、ゆっくりとゆっくりとボケていきました─
62歳、無名の“ハゲちゃびん"漫画家が 施設に暮らす認知症の母との「可笑しく」も「切ない」日々を綴った 感動のコミックエッセイ!

40歳で故郷長崎にUターンした漫画家(62歳)が、親の老いを見つめてきた日々の、笑えて、温かくて、どこか切ない家族の物語。
主人公は、認知症と診断され施設に暮らす現在89歳の母。母が見せる「人生の重荷を下ろしたとびっきりの笑顔」や、著者のはげた頭を見て名前を思い出すエピソード、時折つぶやく亡き父との思い出話などを描いたコミックエッセイです。
「忘れること、ボケることは、悪いことばかりじゃないんだ。母を見ていてそう思った」
作者が 認知症で施設に暮らす母を訪ねる生活の中で 老いてゆく母を暖かい目で面白おかしく描いたコミックです

昔の思い出を辿り 嫁ぐ前の母の生活、酒乱に近い父に耐えて過ごした作者の幼い日の家族、酒さえ入らなければ優しい父との思い出、酒を止めて好々爺となった父の姿
惚けた母を見つめながら 心の中を駆け巡る思い出の日々をユーモラスに描いています

お母様は岡野さんがそばに居られて幸せだったでしょうね
父を亡くしてまだ間がないので こういうお話はまだ心に痛いなぁ・・・

スポンサーサイト



コメント

No title

にゃ~ごさん、こちらも読んでいただきありがとうございます。

すみません。こちらの感想をあとから読んだので…。
にゃ~ごさんはお父様を亡くされたのですね

そんな悲しい時にこの本を読んでいただいて、申しわけないです

No title

今年の初めに父が亡くなり とうとう両親共ににいなくなってしまいました
亡くしてから後悔することばかりで…

申しわけないなんてとんでもない
素敵な御本でした ありがとう♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム