記事一覧

◯ 自分を好きになる方法  本谷有希子

 

講談社 2013.7.26
一人の女性の一生を、16歳のランチタイム、28歳のプロポーズ前夜、34歳の結婚記念日、47歳のクリスマス、3歳のお昼寝時間、63歳の何も起こらない一日…それぞれ一日を描いた6編を連ねて構成する長編小説。
「いつか自分が心から一緒にいたいと思える相手に出会えることを夢見て生きる女性の人生を、「6日間」で鮮やかに切りとる。
 
前作『嵐のピクニック』で大江健三郎賞を受賞、いま最も注目される新鋭女性作家の最新作!
評価は分かれるようですが 私は好きじゃなかったな…
 
人生を6日間で切り取る事もそれほど斬新だとは思えないし 何より主人公の身勝手さが不快 でも、そういう人生を描く目的なら上手いんでしょうね~^^;
 
それと なぜ外国を舞台にしたんだろ? お話はめっちゃ日本人っぽいのに外国人という設定がとっても違和感があった
 
でも注目作家↑さんなのね… もうちょっと読んでみようかなぁ~
本谷さんでお薦め作品 どなたか教えてくださいませ!
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム