記事一覧

◎ 憂いなき街  佐々木譲

 

角川春樹事務所 2014.4.26
サッポロ・シティ・ジャズで賑わい始めた札幌。市内で起きた宝石商の強盗事件を追っていた機動捜査隊の津久井卓は、当番明けの夜に立ち寄ったバー「ブラックバード」にてピアニストの安西奈津美と出会う。彼女は、人気アルトサックス・プレーヤーの四方田純から声がかかり、シティ・ジャズに四方田純カルテットとしての出演を控えていた。ジャズの話をしながら急速に深まる津久井と奈津美の仲。しかし、奈津美には消したくても消せない過去があった・・・・・・。
一方で、中島公園近くの池で女性の死体が見つかり、捜査を進める津久井の中で、奈津美による犯行ではないかという疑惑が深まっていく。津久井は刑事課の佐伯宏一警部補らに助けを求め、裏捜査が始めるのだが――。
道警シリーズ第7弾です
 
じれったかった二人の関係が やっと進展しましたね~^^ 
今回は佐伯、小島 そして津久井も・・・ 今までのシリーズではあまりなかった色恋沙汰に重きが置かれています
雰囲気がちょっと違って これはこれでよかったなぁ
安定感のあるシリーズですね
 
中で ひとつ気になったことが・・・
暴力団がらみの話の時「福島第一原発の作業員を送り出している。一昔前のマグロ漁船だ。」っていう台詞があったんだけど 本当にそうなの??
原発作業員という物がそんなものであるなら 決して原発再開なんてあっていいわけないと(そもそも 原発全面廃止に賛成なのですが…)より以上に強く思いました! 
スポンサーサイト



コメント

No title

にゃ~ごさんは色恋沙汰の面を評価してらっしゃるんですね。
私は何でそっち方面に話しが行くの?! のクチでして(笑)
それにしてもジャズという特技を買われた潜入捜査が縁のこのシリーズ、ここまでジャズを引っ張るとはおもいませんでした (^_-)

No title

☆砂時計さん
(゚-゚;)ウーン 評価って言うんじゃないんですが 今まで不自然なほどに進展がなかったもんで・・・
今回はそれを埋め合わせるような感じでしたね

ほどほどに取り混ぜながら が一番いいんですけれど~(*^m^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム