記事一覧

◎ 首折り男のための協奏曲  伊坂幸太郎

 

新潮社 2014.1.31
首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。
 
「首折り男の周辺」、「濡れ衣の話」、「僕の舟」、「人間らしく」、「月曜日から逃げろ」、「相談役の話」及び「合コンの話」の7つの作品から構成される短篇集
久々の伊坂作品 しっかり楽しませて頂きました
連作集とあるけれど 軽くリンクした短編集と考えるほうがいいんじゃないかな
 
首折り男って何かの例えかと思ったら そのまんまの意味(*・m・)
人の首を折るなんていう物騒な殺し屋が題になった本なのに なぜだかハートフルな雰囲気・・・まさに伊坂ワールドですね^^
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム