記事一覧

◎。悪医  久坂部羊

 

朝日新聞出版 2013.11.7
現役の医師でもあり作家でもある著者が、満を持して取り組んだ「悪い医者とは?」を問いかける感動の医療長編小説。

がん治療の拠点病院で、52歳の胃がん患者の小仲はがんが再発したあと、外科医の森川医師より「これ以上、治療の余地がありません」と告げられた。
「私にすれば、死ねと言われたのも同然」と、小仲は衝撃のあまり診察室を飛び出す。小仲は大学病院でのセカンドオピニオンを断られ、抗がん剤を専門とする腫瘍内科、免疫細胞療法のクリニック、そしてホスピスへ。
それぞれの場所で小仲はどんな医師と出会うのか。

一方、森川は現在の医療体制のもと、患者同士のいさかい、診療での「えこひいき」問題など忙殺されるなか、診療を中断した小仲のことを忘れることができず、末期がん患者にどのように対したらよいのか思い悩む日々がつづく。

患者と医師の間の溝ははたして埋められるのか。がん治療に対する医師の本音と患者の希望は軋轢を生み、物語は運命のラストへと向かう。

ひくにひけない命という一線を、患者と医師双方の切迫した事情が迫真のドラマを生み出す問題作。
前回読んだ 「廃用身」がよかったので 2冊目の久坂部作品
これも とっても考えさせられた・・・
 
現役のお医者さんということで 綺麗事ではない医者の声が響いてくる
前回は四肢切断というちょっと特殊な表現をとってらしたので すごくリアリティーを感じながらも距離を置けたのだけれど これは末期ガンの患者さいう
いつ自分も同じ立場になるかわからない話だったのでとても身近に感じた
 
「廃用身」の老人問題 この回復の見込みのない病人の問題 周りを見回しても決して他人事ですまされない問題で とてもとても考えさせられた・・・
 
スポンサーサイト



コメント

No title

久坂部作品は気になりますが、どれも医療小説となるとこれまた選ぶのが難しく迷ってました。
医師の側の声を小説を通して知ることが出来るのは、大切なことだと思います。
読書リストにメモメモv です (^-^)

No title

☆砂時計さん
久坂部さん ご紹介いただいて(^人^)感謝♪です
老人問題、終末医療の問題 歳をとってくると身近になってきて…^^; いろいろ考えさせられます
これもよかったです!ぜひ!!

No title

読みました~
本当に考えさせられる内容でした。
どうしても自分の経験と照らし合わせて、治療そのものよりも終末医療に意識がいってしまいました (^_^;)
現実に備えるべきことなんですけど、なかなか難しいですよね。

No title

ですよね~ 私もそろそろちゃんと考えておかないと って思うのですが なかなか・・・(;^_^A

それより 歳と共にだんだん捨てれなくなってきている荷物を一掃しなくっちゃ~ で、身の回りをすっきりさせて、老後の生活を考えて~

(〃´o`)=3 フゥ いつの間にこんな歳になったんでしょ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム