記事一覧

○。 黒いハンカチ  小沼丹

 

 東京創元社 2003.7
A女学院のニシ・アズマ先生の許にちょっとした謎が持ち込まれたり、先生自ら謎を見つけ出すと、彼女は鋭い観察眼と明晰な頭脳でそれを解き明かす。
飄飄とした筆致が光る短編の名手による連作推理十二編。
 
昭和三十二年四月から一年間、〈新婦人〉に「ある女教師の探偵記録」と銘打って連載された短編集の初文庫化! 解説・新保博久
ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ で栞子の母が栞子の親友リョウに渡した本・・・どんな内容?って気になって読んでみた
 
これが何とも言えない雰囲気の本なんだよね
淡々としていて でも品がよくって・・・とってもいい空気が漂ってる
 
今でこそ「日常の謎」なんて言葉をよく聞くけれど その草分けなんじゃないのかなぁ? あまり知られていない作家さんらしいけれど私はとってもよかったです!
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム