記事一覧

◎ みをつくし料理帖 美雪晴れ  高田郁

 

角川春樹事務所 2014.2.5
名料理屋「一柳」の主・柳吾から求婚された芳。悲しい出来事が続いた「つる家」にとってそれは、漸く訪れた幸せの兆しだった。しかし芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。どうやら一人息子の佐兵衛の許しを得てからと、気持ちを固めているらしい―。
一方で澪も、幼馴染みのあさひ太夫こと野江の身請けについて、また料理人としての自らの行く末について、懊悩する日々を送っていた…。
 
いよいよ佳境を迎える「みをつくし料理帖」シリーズ。幸せの種を蒔く、第九弾。
大好きなシリーズ 第9弾
 
今まで 読んではため息をついていたのが少しほっとした展開になってきたなぁ~
又次の死を思うと 未だ残念でならないけれど(ノ_・。)
 
この巻で 芳が嫁ぎ、「つる家」はいい働き手に恵まれ・・・
後は 佐兵衛が料理人に戻り 野江が自由の身になり 澪と源斉がうまくいけばそれで心置きなく終わっていいんだけど~(*^m^*)
 
次回で最終巻 みんなが幸せになりますように・・・
 
 
 
☆みをつくし料理帖シリーズ http://blogs.yahoo.co.jp/nyaago1142000/32328711.html
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

きゃ(*ノ▽ノ) ありがと~

No title

この巻は‘ほっ’とできるんですね^^
でも次が最後と思うと寂しいです・・・
私としては小松原さんの様子も知りたいかな~

みをつくしが終わると‘出世花’の続編にかかると
何かで読んだのでそれはそれで楽しみな私です^^

No title

☆如月さん
そうなんです
今まで辛い事が多かったので 少しずつ幸せに近づいてくれているようでほっとします^^
小松原さんの様子 この巻でほんの少しだけですが垣間見れますよ~♪

「出世花」未読なので 読んでみますね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム