記事一覧

○。無菌病棟より愛をこめて  加納朋子

 

文藝春秋 2012年3月
2010年6月、私は急性白血病だと告知された。5年生存率は3分の1。急性白血病の宣告を受け、仕事も家族の世話も放棄しての緊急入院。抗癌剤治療、転院、そして骨髄移植へ。
愛してくれる人たちがいるから、なるべく死なないように頑張ろう。たくさんの愛と勇気、あたたかな涙と笑いに満ちた壮絶な闘病記
「ななつのこ」の駒子シリーズや「ささらさや」のささらシリーズを描かれている加納朋子さんが ご自身の白血病治療の闘病生活を本にされたものです
 
白血病やガンの治療は大変だとは聞いていましたが こうやって記録を読ませていただくと想像以上
死の不安に晒されながら 強い副作用と戦わなければならないんですね・・・
 
そして何より凄いと思ったのは加納さんの生き方 全てに対していいように物事を捉える姿勢
まわりの人達に感謝し愚痴をこぼさず今自分で出来る事を精一杯やる
病気になられたからと言うのではなく 普段からこんなふうに生きておられるのでしょうね~
 
そして 今まで加納さんの作品を読んで「おもしろいんだけれど物足りない」って思っていたんだけれど その原因もわかったような気がする 
加納さんてとってもいい人なんだよね その毒のなさが私には物足りなく感じたんじゃないかな・・・
 
まだまだこれからも大変でしょうが決して病気になど負けないで 加納さんらしい優しい作品をたくさん描いてほしいと祈っております
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム