記事一覧

☆ ジヴェルニーの食卓  原田マハ

 

集英社 2013年3月
美の巨匠たちは何と闘い、何を夢見たのか ドガ、セザンヌ、モネ、マティス。
時に異端視され、時に嘲笑されながらも新時代の美を果敢に切り拓いた偉大なアーティスト四人の愛と友情、そして格闘の日々を色鮮やかに蘇らせる短編集。
マティスの晩年を家政婦の目から描いた「うつくしい墓」 “ヴァンスのロザリオ礼拝堂”
ドガのストイックな精神を友人のメアリー・カサットの目から描いた「エトワール」 “十四歳の小さな踊り子”
画材屋であり若き芸術家の支援者であったタンギー親父の娘からセザンヌに宛てた手紙で描かれた「タンギー爺さん」“りんご” モネの後半生を義理の娘ブランシェの目で描いた「ジヴェルニーの食卓」“睡蓮” の4編
 
芸術家というと 偏った性格の方が多いイメージがあったのですが ここに登場する4人の巨匠はとても穏やかで魅力的に描かれている
作品だけでなく その人物に傾倒した人の目で描かれているので とても暖かい物語になっている
実在した人物だということも物語にリアリティを感じさせますね~
 
この作品を読んだ後 それぞれの作品を眺めると また違った印象をうけるだろうな・・・
“ヴァンスの礼拝堂”と“ジヴェルニーのモネの庭” いつかは行ってみたい!
スポンサーサイト



コメント

No title

表紙の絵綺麗ですね、
絵はいいですよね、
画廊とか普通に出入りしたいですが、買えないですo(`^´*)

模写でもいいから、ほしいですよね♪
ヾ(@゜▽゜@)ノ

No title

面白そう♪図書館で探してみます(^o^)

No title

☆夕凪さん
この表紙はモネの睡蓮ですね♪
睡蓮の絵はたくさんあって日本でもよく見かけます 違いがあんまりわからないんですが^^;
私は怖くて(?笑)画廊もなかなかはいれません

No title

☆ふわちびさん
絵画が好きなら楽しめると思います^^
それぞれの画家に近い人の目を通した描き方がとてもよかったです♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム