記事一覧

○。さよなら渓谷  吉田修一

 

新潮社 2008年6月
きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた、15年前の“ある事件”。長い歳月を経て、“被害者”と“加害者”を結びつけた残酷すぎる真実とは―。
幼児殺人事件のお話かと思ったら そのお隣に住む夫婦のお話
 
レイプ事件の被害者と加害者のその後の人生・・・
未だに事件から逃れられない被害者と 犯人の一人藤本の事件の重さの違いがなんともやりきれない
 
被害者がその後辿った人生を考えたら 犯人はもっともっと重い罪を背負うべきだと思うけれど
尾崎の生き方を見ると 一度の間違いで全てを失うのはかわいそうな気もする
 
この物語の先にふたりの幸せがありますように・・・
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム