記事一覧

○。ヒア・カムズ・ザ・サン  有川浩

 

新潮社 2011年11月
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。
 
わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。小説×演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。
7行のあらすじから生まれた物語 「小説版 ヒア・カムズ・ザ・サン」 と 同じあらすじから出来た「演劇版 ヒア・カムズ・ザ・サン」に着想を得て書かれた「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」 二つの物語が収録されている
 
両方おもしろかったけれど やっぱり小説版のほうが読物としてはおもしろいかな・・・
たった7行のあらすじから こんな物語がうまれるんだねぇ
 
図書館戦争の時も 図書館にあった「図書館の自由に関する宣言」のプレートがきっかけだったと聞いたけど 作家の方の想像力って凄い!! と改めて感じました
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム