記事一覧

◎ 旅猫リポート  有川浩

 

文藝春秋 2012年11月
秘密を抱いた青年と一匹の相棒は“最後の旅”にでた・・・
 
子供の頃から日本各地に引越しを繰り返してきたサトルは、愛猫ナナを連れて、懐かしい人々を訪ねる旅に出る。家業を継いだものの妻が家出中の幼馴染、今や立派な農業家となった中学時代の親友、高校・大学の同級生同士で結婚してペンションを営む友人カップル……行く先々で思い出を語る時間は、サトルとナナを迎える人々の胸の内にもささやかだが大切な変化を芽吹かせてゆく。そして旅の果てに1人と1匹が見る風景とは。
あたたかな光溢れるラストまでどのページにも忘れ難い風景が広がります
いつも思うけど 有川さんの作品って気持ちがいいほどまっすぐです そして、おもいっきり暖かい
 
とっても単純で解りやすい物語の中に 人として一番大切な事が詰まってる
いろんな事をウジウジ悩んでいても そんなの大した事じゃない大切な物はここにあるんだよ って教えてくれる
 
与えられなかった物を惜しむのでなく 与えられた物に感謝をして生きていけたらいいな サトルのように…
これが超難しいんだけどね^^;
 
 
ノリコを優しいだけの叔母さんじゃなく 思いっきり不器用に描いてくれて なんか嬉しいな
サトルみたいに生きたいと思ってもとてもじゃないけど無理だしね~ 不器用で、言った先から自分の言葉に迷うノリコの方が自分に近い  不器用でもいいんだよって言われてるような・・・ ねっ^^
スポンサーサイト



コメント

No title

有川さん、好きなんですよ~^^
この本もおもしろそうですね
「不器用でもいいんだよ・・・」か~
私もそう言ってもらいたいです

読んでみたい本がいっぱい^^
でも・・・なかなか読めないです(--,)ぐすん

No title

こんばんは♪有川さんは人気あるのは、確かに思い切りがよい!ですね。

私も不器用なんです。

器用な人は自分でも器用と自覚があるのですかしらね。
不器用夕凪でした!(^-^)/

No title

☆如月さん
有川さん いいですよね~♪この本もよかったですよ^^

読みたい本がいっぱいあるって言うのは楽しみがいっぱいあるってことだから ゆっくりじっくり楽しみながら読んでいきまっしょ

No title

☆夕凪さん
そっかぁ~ 夕凪さんも不器用ですか^^ナカマ ヽ(゚◇゚ )∧( ゚◇゚)ノ ナカマ

うーん… 不器用な奴σ(・・*)のやっかみかもしれないけれど 器用な方は自覚しているように見えちゃいます^^;
この主人公のサトルは器用な人だと思うんだけれど 不器用な人の足りない部分をさりげなくフォローしてくれるんですよね
こういう人になれればいいんだけれど・・・(*´ο`*)=3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム