記事一覧

○ 天の川の太陽 上下  黒岩重吾

大海人皇子が壬申の乱に勝利を治めるまでの物語

以前に“天翔る白日”を読んだので 登場人物の未来を先に知ってしまったみたいな感じになったのが残念
特に讃良妃がこの本ではとても魅力的なのに 素直に浸れなかった
やっぱり読む順序も大切だと痛感しました

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム