記事一覧

○。パイロットフィッシュ  大崎善生

人は、一度めぐり合った人と二度と別れることはできない―
 
午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話 受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった… 記憶の湖の底から浮かび上がる彼女との日々、世話になったバーのマスターやかつての上司だった編集長の沢井、同僚らの印象的な姿、言葉
現在と過去を交錯させながら、出会いと別れのせつなさと、人間が生み出す感情の永遠を、透明感あふれる文体で繊細に綴った、至高のロングセラー青春小説
 
吉川英治文学新人賞受賞作
 
人は、一度めぐり合った人と二度と別れることはできない なぜなら人間は記憶とともに現在を生きているから
 
ですよね・・・
今の自分は過去の積み重ね いい事も悪い事も、過去のどれ一つ欠けても今の自分ではなくなるんですよね
 
大崎さんの作品って 前回読んだ“アジアンタムブルー”にしても この“パイロットフィッシュ”にしても 題名がとても興味をそそられる
憂鬱(アジアンタムブルー)を乗り越えたアジアンタムは強くなっている だとか 新しい水槽の生態系を正しい方向に導く存在のパイロットフィッシュ だとか そこだけでもう持って行かれます^^
 
ただ ちょっと理が勝っているような・・・ 好みの問題かな?^^;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム