記事一覧

☆ 県庁おもてなし課  有川浩

県庁おもてなし課 有川浩
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/3/29)

地方には、光がある―物語が元気にする、町、人、恋 
 
とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課” 観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…
「バカか、あんたらは」 いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む―いったい何がダメなんだ!?
 掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった


この題名を見た時 「またまた~ 有川さん ふざけた題名なんだから~(*^m^*) 」なんて思っていたのに・・・
 本を開いたとたん   この物語はフィクションです。
              しかし、高知県庁におもてなし課は実在します。   の文字 
 「Σ(・ω・ノ)ノ! 本当にあるんだ~」と 早、ぐぐっともってかれました! 
作者の罠に いとも簡単にひっかかる私・・・(*・m・)
 
読み始めると 「本当にある組織なのに こんなこと書いていいの?^^;」 と心配になるくらい 
お役所体制に遠慮なく突っ込んでいきます 高知県の観光にもかなり踏み込んで描かれています
現実との絡みはどうなってるんだろう・・・ 物語とは別にその辺も気になるところ
 
地方行政の問題点を痛烈に指摘しながら 作家と言う自分自身の立場で 愛する故郷のPRを援護しようとした有川さんの姿勢がとっても気持ちいい一冊です!


スポンサーサイト



コメント

No title

今作は相変わらずの甘さがありつつ、ビジネス面も参考にもなり得るんですよね~

そして読んだ後に本気で高知に行こうかと迷いました(笑)
んー…有川作品みたいな甘い恋したいなぁ(^w^)

No title

☆きりゅうさん
うんうん! 私も高知に行きたいと思いました
高い所が苦手なくせに 空を飛びたい!とまで思っちゃいましたよ~
(*^m^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム