記事一覧

◎ 偉大なる、しゅららぼん  万城目学

琵琶湖畔の街・石走に住み続ける日出家と棗家には、代々受け継がれてきた「力」があった
 
高校に入学した日出涼介、日出淡十郎、棗広海が偶然同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がった!
読み始めてすぐ「そうそう~ 万城目さんはこうでなくっちゃ!」 って思うほど 期待通りの展開(*^m^*)
 
ホルモー、鹿男、プリンセストヨトミ・・・京都、奈良、大阪の次は琵琶湖ですか~
それぞれの作品みんな 身近な場所が舞台になっているので とっても馴染みやすいです
・・・って こんなにありえない話なのに 馴染めるのか?(*・m・)
 
今回 一番の魅力は登場人物  淡十郎とグレート清子姉弟
特に淡十郎の 自分の大切な物にとことんこだわった生き方が気持ちいい
 
ストーリーはちょっと物足りなく感じたものの この世界観はやっぱり大好きだ♪
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム