記事一覧

○ 怪しい人々  東野圭吾

怪しい人びと 東野圭吾
1994.2

俺は同僚の片岡のデートのために一晩部屋を貸してあげた  その後、そのことを片岡から聞いた2人の同僚、本田と中山にも部屋を貸すことになってしまう  3カ月後のある日、いつものように、車から部屋に戻ると、見知らぬ女が寝ていて・・・「寝ていた女」
 
あなたのそばにいる優しい人が、いつの間にか怪しい人びとに―
著者ならではの斬新なトリック満載の傑作推理集
 
「寝ていた女」「もう一度コールしてくれ」「死んだら働けない」「甘いはずなのに」「灯台にて」「結婚報告」「コスタリカの雨は冷たい」 短編7編

それぞれおもしろい短編なのですが・・・東野さんっていうことで他の作品と比べてしまっての ○
普通におもしろいです^^
 
短編はあまり読んだ事がないのだけれど それぞれ楽しめました 
特にラストがウィットに富んでいて物語の収まりがいい  短編集なので切り替えが出来て読みやすかったです



スポンサーサイト



コメント

No title

短編はどうも内容を忘れがちになりますが・・・
なぜか『灯台にて』は忘れられずにいる。それ程“いや~~~~”
と思った作品だったんだもの><
思い出すだけで・・・なんかイヤ^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム