記事一覧

☆ 四十九日のレシピ  伊吹有喜

四十九日のレシピ 伊吹有喜
ポプラ社 (2010/2/16)

熱田家の母・乙美が亡くなった
気力を失った父・良平のもとを訪れたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本
乙美の教え子だったという彼女は、生前の母に頼まれて、四十九日までのあいだ家事などを請け負うと言う
彼女は、乙美が作っていた、ある「レシピ」の存在を、良平に伝えにきたのだった
 
家族を包むあたたかな奇跡に、涙があふれる感動の物語 


何度もウルウルしながら読みましたよ(〒_〒)
 
継母“乙母(おっか)”に素直になれぬまま亡くしてしまった百合子
最後の日 自分の発した我が儘に向けられた乙母の寂しそうな顔に苛まれ続ける良平
亡くした人の大きさに呆然と過ごす二人の前に現れた 奇抜な格好の娘“井本”と 片言の日本語がたどたどしいブラジル人“ハルミ”
そんな二人に助けられながら良平と百合子が再生してゆく物語
 
百合子と夫の関係、乙母と良平の出逢い、娘を思う父親の愛情 乙母への断ち切れない思い・・・
家族の機微を 不思議な二人と過ごす優しい時間が包み込んでいる
 
四十九日、それは亡くした人を送り出す覚悟をする時間なんでしょうね(ノ_・。)



スポンサーサイト



コメント

No title

これは読みたいし読まなきゃいかん本だと自分では思ってます(*^o^*)

警察ものなどミステリーも面白いけど、最近はこういう心温まったりウルッとくる話が好きなんですよね♪♪

No title

先日、NHKのドラマで見ました。
いいお話ですね。
私も予約が収まってから借りて読もうと思っています♪

No title

☆きりゅうさん
暖かい気持ちになれる本です!ぜひよんでみてください!!
いろんな本で いろんな楽しみを味わいましょ♪

No title

☆ふわちびさん
ドラマをやってたんですか? 見たかったな~
乙母の思い出話だけじゃなく 百合子と夫の関係や 良平の親心 良平と乙母の出逢いの話や 井本、ハルミと過ごす暖かい時間 それらのお話のバランスがとてもいい本だと思います
ふわちびさんの感想 楽しみにしています^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム