記事一覧

◎ SOSの猿  伊坂幸太郎

伊坂幸太郎SOSの猿 
中央公論新社 (2009/11/26)

ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男
そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら・・・
 
o(-_-;*) うーん 難しい
心理学、悪魔祓い、そして西遊記・・・それぞれの知識に乏しい私には かなりややこしかった
結局 これは妄想なの?予言なの??深層心理のなせる業???
 
いまいち理解できていないかも~
(; ̄ー ̄)?と思いつつも◎っていうのは やっぱ伊坂さんの思考が好きだからかな^^;
 
 
バロンダンスの "善なる心バロン対悪い心ランダ" 一人の人間にはその二つがいつも綱引きをして闘っていて それは永遠に決着がつかない そういう状態こそが人の心 
 
物事の原因は一つの事柄だけでなく 色々な出来事が積み重なった因果関係で起こる 
 
当たり前のようでいて 結構現実的には置き去りにされていると思うんだよね・・・
人って何かがあると これが原因って決め付けたがる
 
この本の中にもあったけれど 例えば子供の虐待にしたって 親にはそこに至る色々な因果関係があるのだと・・・ もちろん だから虐待してもいいってことには決してならないけれど ただ“極悪非道な親”って片付けるだけじゃ何の解決にもならない
 
 
SOSの声に心を痛める次郎や眞人、「くよくよ」を心に抱きつつも見せ掛けだけでも楽しく生きようとする次郎の母 震災の最中、無力感で弱った心を励ましてくれる一冊でした
スポンサーサイト



コメント

No title

こちらにも遊びに来ちゃいました。
伊坂作品をかなり読まれてますね。ここ最近の著作を僕はあまり読めてないんですよね(苦笑)でも本作は既読でして、伊坂さんが小説に注入する思想的なものはよく共感することが多く、読み甲斐がありますよね。トラックバックさせてください。

No title

何故かトラックバック出来ないのでまた後程させていただきます。
リンクボタンを表示しておられないので、あちらと合わせてお気に入り登録させていただきますね。今後とも宜しくお願いします。

No title

☆チルネコさん
私も新刊事情に疎くて なかなか追いつけないです^^;
伊坂さんはいつかコンプリしたいですね♪

こちらこそよろしくお願いします
海外作品や映画の事 教えてくださいね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム