記事一覧

☆ 1Q84 BOOK2 〈7月-9月〉  村上春樹

1Q84 BOOK2 村上春樹
新潮社 (2009/5/29)

心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない 心から外に出ないものごとは、そこの別の世界を作り上げていく
「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ


BOOK1がすごくおもしろかったので 心待ちにしていたBOOK2
期待通り! 私は好きだなぁ~
月が二つ浮かぶ 1Q84年の世界「猫の町」は 彼が失われるべき場所・・・
失われる場所 ではなく 失われるべき場所 というのが なんともたまらない気持ちになる
“説明しなくてはわからないということは、説明してもわからないということだ” これ 好きだな~
ほんとうに大切な物は 説明なんて必要ない
天吾と青豆 二人の想いのように・・・

できるなら二人に幸せな未来があればいいのに BOOK3が待ち遠しい!



スポンサーサイト



コメント

No title

自分が読んだ時はBOOK3が出るって決まってなかったから中途半端な終わり方だなぁ…って思ってました(^w^)

No title

そうですよね~ 出版された時は 3が出るかはわからなかったんですよね
で・・・4はあると思います? ありそうな気はするけど~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム