記事一覧

◎ カラスの親指  道尾秀介

“詐欺”を生業としている、したたかな中年二人組 ある日突然、彼らの生活に一人の少女が舞い込んだ
戸惑う二人 やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった
 
失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは
 
;;;;(;・・)ゞウーン ↑このあらすじにはちょっと違和感があるな~
これじゃぁただの二人組みの詐欺師となんの関わりもない少女 っていう感じですよね^^;
 
全体的にちょっと出来すぎ?って気もするけど でも こういうお話大好きです(*^-^)ゞ 
それぞれ悲しい過去を持ち 今をなんとか凌いで生きているんだけれど でもお互いを思いやりながら
助け合いながら暮らしてゆく・・・
5人と一匹の共同生活は とっても楽しそう♪
 
最後のどんでん返しも 綺麗事かもしれないけれど やっぱり好き
トサカの事といい・・・温かい気持ちで読み終えることができました
 
道尾さんの作品 まだ2作目ですが この温かい感じが両方共溢れていました
もっと色々読んでみたいな!
スポンサーサイト



コメント

No title

道尾さんは直木賞もとられたし、これから人気できそうですねo(^-^)o

直木賞作品も気になるけど、その前にこれ読もっとε=ε=┏( ・_・)┛

No title

私は逆にちょいホラ寄りな不気味な道尾作品ばから先に読んだので、この作品に"なんだ?!このいい人達(詐欺師だが)の集まりは!!なんなんだこのファミリーっぽい団欒は?!"と、違和感。
でも、こういう道尾作品の方が好きo(^-^)o
温かくて切ない本でした。

No title

☆きりゅうさん
やっと 直木賞受賞されましたね~
私はまだ2作目ですが 2作ともよかったです
もっと読んでみたい作家さんですね^^

No title

☆モアさん
そうなんだ~ 不気味な作品が多いんですか~(;^_^A
この作品は特に温かい感じがしましたよね!
他の作品もぜひ読んでみたい作家さんです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム