記事一覧

☆ 銀二貫  高田郁

大坂天満の寒天問屋の主・和助は、仇討ちで父を亡くした鶴之輔を銀二貫で救う
大火で焼失した天満宮再建のための大金だった
 
引きとられ松吉と改めた少年は、商人の厳しい躾と生活に耐えていく
料理人嘉平と愛娘真帆ら情深い人々に支えられ、松吉は新たな寒天作りを志すが、またもや大火が町を襲い、真帆は顔半面に火傷を負い姿を消す…
 
本を読むってほんとうに楽しい!と思わせてくれる一冊です
 
 
暖かくって 気概があって 謙虚で 勤勉で・・・
読んでいてとっても気持ちがいい
 
登場人物がとってもいい人達^^ 松吉を救う寒天問屋の主、和助を筆頭に 真帆家の嘉平、丁稚仲間の梅吉、寒天場の半兵衛、そして 番頭の善次郎はいいスパイスになっている
それぞれの人達の想いに 何度も涙ぐまされました
 
特に 火事に遇い、顔に化け物と呼ばれるほどのやけどを負った真帆と5年ぶりに再会した善次郎の 「ほんまによう・・・よう、生きててくらはりました。ほんに・・・ほんに、ありがとさんでございます」 
これにはまいった!(〒_〒)  こんなふうに人の事を思えるってすごいですよね・・・
 
 
天満の天神さんに纏わるお話なんで 大阪人としてはとっても馴染み深いし
はんなりとした大阪商人の言葉と 思わず笑みがこぼれる和助の茶目っ気^^
 
こんなふうに 人を信頼し、自分の信念を大切にしながら しっかり生きて行きたいと思わされる素敵な物語でした
スポンサーサイト



コメント

No title

本当に温かい作品でした。
大阪人としての誇りを感じます♪
女として顔に大やけどを負った真帆はどんなに辛いだろうけれど、まわりのひとにも恵まれ、顔を上げて生きていく強さに感動します。
私もそうして生きていきたいです。
私もTBさせてくださいね♪

No title

☆ふわちびさん
ほんとうに真帆のような強さを持ちたいものですね。。。
大阪の情緒もたっぷり楽しめる 素敵な作品でした

いつも 素敵な本を教えて下さってありがとうございます(*^-^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム