記事一覧

☆ 人生の地図  編著 高橋歩

この本は、シンプルに、自分を知るための本だ。
 
誰もが、自由に、自分の好きなように、人生という名の旅を楽しむために。
小さなきっかけになるかもしれない、いくつかの破片を集めてみた。
 
旅の途中で、ふっと立ち止まり、地図を広げてみてはどうだろう。
今、いる場所を確かめたり、これから先の旅路について考えてみたり、今まで歩いてきた道を振り返ってみたり・・・。
 
01 “DESIRE”―「欲求」 なにを欲しているのか
02 “JOB”―「職」 なにでメシを喰うのか
03 “PARTNER”―「パートナー」 誰と生きていくのか
04 “CHOICE”―「選択」 なにを、誰を選ぶのか
05 “ACTION”―「行動」 どう動くのか
06 “RULE”―「ルール」 自分自身のルールを
07 “LIFE STORY”―「物語」 物語を生きる
 
そんなことについて、たまには、ゆっくりと自分自身と会話しながら、心の奥にある気持ちを確かめてみてはどうだろう。
 
青い空の下で?
仕事場の昼休みに?
自分の部屋のベッドで寝転がって?
 
自分自身の人生の地図を広げてみよう。
 
ロングセラーのこの本 どんな本なんだろう?自己啓発本?と思っていたら・・・ 
 
確かに内容は自分の人生を考える本なのだけれど
そんな理屈っぽい感じではなく イメージでパラパラっと読んで(見て)行く感じ
でも 写真も簡単な言葉もインパクトがあって印象深いんだよね
 
とっても素敵な写真と心に残る言葉がたくさん散りばめられた 心地よい一冊でした♪
 
 
言葉はとっても有名な物からある老人の言葉なんていう無名の物 果てはアンパンマンのテーマまで
自由な発想と感性で選ばれた すんなりと心に響くものばかり
写真も ほんとうに素敵だったヽ(*^^*)ノ
 
 
特に  06 “RULE”―「ルール」 自分自身のルールを   が好き!
 
=自分のルールを持たない人間は、道を選べない。
  左に右に流されて、無法地帯を漂うだけだ。
  そして、知らぬ間に、ヒモをつけられ、マリオネット(あやつり人形)になっていく。
 
  生きていくためのルールは、従うものではなく、創るものだ。
  自分のルールを持った人間は、決して迷わない。=
 
 
=他人のルールに縛られる人間を、家畜のブタという。
  自分のルールを持たない人間を、快楽のブタという。
 
  どっちにしても、俺はブタが嫌いだ。=
 
 
=自分のルールがあるように、他人にもルールがある。
  壊すことなく、壊されることなく、共に生きよう。=
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム