記事一覧

◎ 6TEEN  石田衣良

『4TEEN』続編ついに刊行!ぎこちない恋 初めての裏切り そして、少しだけリアルさを増してきた未来……16歳にだけ訪れる特別な瞬間を鮮やかに切り取る
 
超高層マンションを見上げる月島の路地で、ぼくたちはこの世界の仕組みを考える
ダイ、ジュン、ナオト、テツロー  永遠の青春小説
 
少しだけ成長した4人が帰ってきました^^
それぞれ別の高校生活を過ごしているのですが 相変わらずつるんでます!(*^m^*)
 
4TEENに比べると なんか俗っぽくなったような・・・
続編っていうことで こちらが受ける新鮮味がなくなっただけなのかな^^;
 
 
「おばけ屋敷のおばあ」「クラインの妖精」「ユウナの憂鬱」「携帯小説家に出会ったら」「メトロガール」「ウォーク・イン・ザ・プール」「秋の日のベンチ」「黒髪の魔女」「ストリート・セクシー・シックスティーン」「16歳の別れ」
全10編
 
「秋の日のベンチ」と「16歳の別れ」が好き^^
「沖の日のベンチ」 ちょっと変わったホームレス“トクさん”を囲む4人の姿が浮かんできて微笑ましい
“トクさん”の語る人生観は頷けるような気もするけど・・・でも 何かが決定的に欠けてるんでしょうね~
「16歳の別れ」 は切ないです ナオトの“僕はここにいるみんなと遊んでいても、いつも自分が最初に死ぬんだと思っていました”っていう言葉も・・・(o´_`o)
 
 
この4人の関係はやっぱり素敵^^ 少しでも多くの今の子供達が こんな友達を持てたらいいな!
この先 成長してゆく4人に また逢えるのかな~o(* ̄o ̄)o”
スポンサーサイト



コメント

No title

>俗っぽくなったような… 読んだ時、4TEENに比べると少し薄い? と思っていました。
あぁ、そうですね~確かにそんな感じですよね^^

ナオトを考えると 4人のこれからはどうなるのか、続編がとっても気になるのですが、知りたいような知りたくないような気分もあって~と言いながら、多分読むんだろうな…^^;

私からもTBさせて下さいね^^

No title

☆たけのこさん
大人になってしまったら 同じ4人が主人公でもこの本でなくなってしまうような気がしますね^^;
大人と子供の中間だからこそのキラメキかな・・・

TB ありがとうございます~(=゚∇゚)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム