記事一覧

◎ 蛍の行方〈お鳥見女房2〉  諸田玲子

密命を帯び、お鳥見役の主が消息を絶って一年余り 留守を預かる女房珠世に心休まる日はない
 
身近かに暮らす子供らの人知れぬ悩みを知って心くだき、その成長を見守り、隠居となった父の寂寥を慰め、組屋敷に転がり込んだ男女と幼子らの行く末を案じる…
人生の哀歓を江戸郊外の四季の移ろいとともに描く連作短編
 
珠世の情愛と機転に、心がじんわり熱くなる―お鳥見一家の清爽人情話  シリーズ第二弾
 
未だ行方の判らぬ主判之助、父の行方を探ろうと家を出た久之助 その手助けをしたいと後を追った源太夫
心配で塞ぎそうになる己が心を奮い立たせ 残された者達に心を砕く珠世
 
父の身を案じながらも懸命に父の代役を努める久太郎、久之助の幼馴染の隼人に心を寄せる次女君江、第二子を身ごもった長女幸江 成長著しい5人の子供達や老父
それぞれに肌理細やかな優しい眼差しを向け 色々な出来事を誠実にひとつひとつ乗り越えてゆく
 
それぞれの成長と 珠世の生き方が 私ももっとちゃんと生きないと!という気持ちにさせてくれる
 
・・・言葉とは不思議なものです。わるいと思えばわるく、よいと思えばよく思えてくるものです。ですからね、褒められたと思うことです・・・
 
 
  お鳥見女房シリーズ  http://blogs.yahoo.co.jp/nyaago1142000/16321393.html
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム