記事一覧

◎ 龍神の雨  道尾秀介

添木田 蓮と妹の楓は母を亡くして継父と共に暮らす、一方の溝田辰也と弟の圭介は継母と暮らす
二家族とも本当の両親はいず、家庭に問題を抱えていた
そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う・・・

人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう
『雨のせいで』そう思うことで人は流されてしまうものなのか

最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最新長編 


しっかりしたミステリーの枠組みの中に読み応えのあるテーマを練りこんだ秀作

でも どんな状況からも逃げちゃいけない 雨のせいなんかにしちゃいけない
雨のせいにしたいけれど でも やっぱりそれは 自分自身の引き起こしたこと・・・
そういう姿勢がとても好き


この後 蓮と楓はどうなるんだろう。。。そう考えると 気が重いなぁ(ノ_・。)
スポンサーサイト



コメント

No title

これはもう ええ~~~ w|;゚□゚|w と叫びそうになった本!
ああぁ・・・もうぅ・・・と、崩れてしまいそうになりました。
結果がわかってるからこう思える事で、過去に戻れるなら戻して
あげたい気持ちでいっぱいになりました。
重くて暗いけど、友達におススメした本です。

No title

☆モアさん
>過去に戻れるなら戻してあげたい気持ちでいっぱいになりました。

ですね。。。ほんとうにそう思います(ノ_・。)
でも 自分のした事から逃げようとしない姿がとても好きです
自分に責任をもって生きないといけないと思わされました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム