記事一覧

◎ 神様  川上弘美

=くまにさそわれて散歩に出る。川原に行くのである―四季おりおりに現れる、不思議な“生き物”たちとのふれあいと別れ。心がぽかぽかとあたたまり、なぜだか少し泣けてくる、うららでせつない九つの物語。デビュー作「神様」収録。ドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞受賞=


表題作「神様」の他 
梨畑の不思議な生き物のお話「夏休み」
亡くなった叔父さんが時々現れて交わす不思議な会話「花野」
友人ウテナさんと河童の世界に行く「河童玉」
壺を擦るとチジョウノモツレで亡くなった可愛いコスミさんが出てくる「クリスマス」
隣の隣の部屋に住む男の子 えび男くんとの交流「星の光は昔の光」
“猫屋”のカナエさんの 昔、昔の不思議な恋のお話「春立つ」
不思議な魅力をもつ人魚に魅入られた「離さない」
そして「神様」に登場するくまとの別れのお話「草上の昼食」

不思議な不思議な雰囲気のお話が9編
夢の中のようなフワフワとしたお話達

解ったような解らないような 解る必要がないような・・・
やっぱり川上さんのお話は難しい(;^_^A

スポンサーサイト



コメント

No title

不思議な感覚って好きなんですよね(*^o^*)
現実と非現実のギャップみたいなのが心地いい感じで☆☆

No title

不思議な世界に浸れるっていうのも 本の魅力ですよね~♪
現実には無い世界にもスイスイ行けちゃう

でも 川上弘美さん 不思議過ぎます~(*^m^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム