記事一覧

☆ きいろいゾウ  西加奈子

=夫の名は無辜歩(むこ・あゆむ)、妻の名は妻利愛子(つまり・あいこ)。
お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会からやってきた若夫婦が、田舎暮らしを始める。
背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコは、周囲の生き物(犬、蜘蛛、鳥、花、木など)の声が聞こえてしまう過剰なエネルギーに溢れた明るいツマをやさしく見守っていた。
夏から始まった二人の話は、ゆっくりゆっくりとその年の冬まで進んでいき、「ある出来事」を機にムコがツマを残して東京へ向かう。
それは背中の大きな鳥に纏わる出来事に導かれてのものだった=


江國さんの赤い長靴に続いてまた夫婦のお話なのだけれど・・・同じ夫婦のお話でも全く違う
赤い長靴では危ういバランスの上に成り立つ夫婦が描かれていたけれど こちらは運命の人とでも言うか お互いがお互いのために存在するような夫婦のお話

「きいろいゾウ」という童話を軸に 感受性の豊かな二人の田舎での生活を描いている
その田舎の人々の暖かさと 無邪気な夫婦の生活が気持ちのいい温度に仕上がっている


ムコのプロポーズを受けたとき 今までの全てのことが“あるべき場所に収まった”と言うツマ
ツマに出会えたことで“やっと僕の人生がひとつになった”と感じるムコ

夢物語かもしれないけど 赤い長靴のほうが現実に近いのかもしれないけど やっぱり私はこんなふうにパートナーと生きて行きたいなぁ・・・

スポンサーサイト



コメント

No title

一生、お互いを必要とする関係って理想的ですよね^^

No title

甘いのかもしれませんけど・・・^^;
でも やっぱり暖かい気持ちで一生を暮らしたいですよね^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム