記事一覧

◎ ハイペリオン 上下  ダン・シモンズ 訳 酒井昭伸

=28世紀、宇宙に進出した人類を統べる連邦政府を震撼させる事態が発生した!
時を超越する殺戮者シュライクを封じこめた謎の遺跡―古来より辺境の惑星ハイペリオンに存在し、人々の畏怖と信仰を集める“時間の墓標”が開きはじめたというのだ。
時を同じくして、宇宙の蛮族アウスターがハイペリオンへ大挙侵攻を開始。
連邦は敵よりも早く“時間の墓標”の謎を解明すべく、七人の男女をハイペリオンへと送りだしたが…。ヒューゴー賞・ローカス賞・星雲賞受賞作=


1989年に書かれたSF作品の傑作 とは言っても
SF作品をあまり読んだことがない私はSF好きの方に薦められて初めて知ったのですが・・・^^;

とってもおもしろかったのですが 耳慣れない言葉が多くて(28世紀の物やシステムなどの名称 この作品の中での造語なのかな?)読むのに苦労した~(;^_^A

でも 作品としては色んな意味でおもしろい!
かなり ハイレベルな読み物ではないかなぁ・・・
6人のまったく違ったお話が入っているのだけれど それぞれに個性的で魅力がある

この二冊で完結すると思って読んだ私には 終わりが・・・(◎_◎) ン?
これって布石のみやん!w
ということで“ハイペリオンの没落”は必修のようです

ハイペリオン→ハイペリオンの没落 も単なる続きというのではなく
違う側面からのお話 ということなのでその趣向も楽しみ♪

その後「エンディミオン」「エンディミオンの覚醒」と続く・・・

スポンサーサイト



コメント

No title

ごめんなさい。続くんですよ。でも楽しんでいただけたようですし、ぜひ『~覚醒』まで。

No title

(^▽^* Ξ *^▽^) イエイエ♪ 私、長いお話大好きです^^
いい本を紹介していただいて ありがとう<(_ _*)>

ただ 慣れない言葉が多くって読むのに時間がかかるんですよね^^;
「~覚醒」まで 時間はかかると思いますがゆっくり楽しませていただきます~^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム