記事一覧

〇。天使などいない 永井するみ

天使などいない 永井するみ
光文社 (2001/04)

こんなことになると分かっていたら-。嫉妬、思い込み、仕事への情熱、癒しを求める心…それらが、気づかぬうちに不吉な暗雲を呼び、思わぬ事件が発生する。等身大の女性たちを描いた9つの物語を収録。


面白いとは思うのだけれど あまり好きじゃないかな…
そもそも恋愛物があまり得意でないうえに トップの『別れてほしい』がとても苦手なタイプの作品だったので 他の作品も素直に読めていないかもしれません^^; 

『別れてほしい』では そもそも、自分の恋人を次から次へ取る友達とずっと付き合ってる気持ちが解らないし それを利用して男とうまく別れようとするのも考えられないし その友達から離れたいから海外に住むっていうのもわからない もちろん、小説なのだから こんな表現で主人公の闇を描こうとしてられるんだろうけれど 相容れないものを感じるなぁ…

彼女の作品をもう少し読んでみたいと思います


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム