記事一覧

小路 幸也(しょうじ ゆきや)

小路幸也

小路 幸也(しょうじ ゆきや、1961年[1] - )は、日本小説家北海道旭川市出身。デビュー作「空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction」の舞台でもある旭川市パルプ町で少年期を過ごす。学生時代は仲間とバンドを組み、ミュージシャンの夢を追いかけるが、24歳の時に札幌の広告制作会社へ就職。ライター、エディター、プランナーとして勤務する傍ら、小説を書き始め、30歳の誕生日に作家を志す。 ゲームシナリオの執筆や専門学校のゲームシナリオ科講師を務めながら小説の執筆を続け、2002年「空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction」で第29回メフィスト賞を受賞し、作家としてデビューする。 


 =シリーズ作品=
  *東京バンドワゴンシリーズ

 =ノンシリーズ=
       
    クリックで各ページへ
     

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム