記事一覧

柴田 よしき(しばた よしき)

柴田よしき

柴田 よしき(しばた よしき、1959年10月14日 - )は、日本小説家推理作家出身は東京都の下町青山学院大学文学部フランス文学科卒業。被服会社、病院出版社などに勤務し、結婚、出産の後に退職、子育ての傍ら執筆活動を始める
1995年、『RIKO - 女神の永遠』で第15回横溝正史賞(現在の横溝正史ミステリ大賞)を受賞してデビュー1998年、第51回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門で『切り取られた笑顔』が候補作に選ばれる2001年、第54回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門で『フォー・ユア・プレジャー』が候補作に選ばれる作風は多彩で、警察小説のRIKOシリーズなど、いわゆる女探偵ハードボイルド系統に近いものから、猫探偵正太郎シリーズなどコージー・ミステリの枠に入るもの、SFホラーまで幅広い



=シリーズ作品=
*ばんざい屋シリーズ
成瀬歌義シリーズ猫探偵正太郎シリーズ 浅間寺龍之介の教え子が主人公のスピンオフ作品 )

=ノンシリーズ=

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム