記事一覧

鈴木 るりか(すずき るりか)

無題

鈴木 るりか(すずき るりか、2003年平成15年)10月17日- )は、日本小説家東京都出身小学4年生だった2013年9月30日小学館が当時主催していた「12歳の文学賞」の存在を知る。同日が応募締め切り日だったが、賞品に引かれ、半日ほどで原稿用紙11枚の短編小説『Dランドは遠い』を書き上げて応募した。これが初めて書いた小説となったが、審査の結果、1024通あった応募作品の中から大賞に選ばれたその後も2014年2015年に続けて同賞に応募し、3年連続で大賞に選ばれた。

14歳の誕生日となる2017年10月17日に、過去の受賞作品2編を書き直し、新たに書き下ろした3編を加えて『さよなら、田中さん』を刊行中学2年生で小説家としてデビュー。2018年10月17日、2作目の小説となる連作短編集『14歳、明日の時間割』が発売された。 


        ⇑
      クリック各ページへ



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム