記事一覧

◎。信長の原理  垣根涼介



KADOKAWA (2018/8/31)
吉法師は母の愛情に恵まれず、いつも独り外で遊んでいた。長じて信長となった彼は、破竹の勢いで織田家の勢力を広げてゆく。
だが、信長には幼少期から不思議に思い、苛立っていることがあった― どんなに兵団を鍛え上げても、能力を落とす者が必ず出てくる。そんな中、蟻の行列を見かけた信長は、ある試みを行う。結果、恐れていたことが実証された。
神仏などいるはずもないが、確かに“この世を支配する何事かの原理”は存在する。
やがて案の定、家臣で働きが鈍る者、織田家を裏切る者までが続出し始める。天下統一を目前にして、信長は改めて気づいた。いま最も良い働きを見せる羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益。
あの法則によれば、最後にはこの五人からも一人、おれを裏切る者が出るはずだ―。 
とても面白く読ませていただきました
信長を筆頭に登場人物が魅力的 みな、欠点も描かれているのだけれど とても人間的でそれぞれの物語をもっと読んでみたいと思わせてくれます

特に松永久秀は本当に面白い 信長を表す彼の言葉が信長の人間像を浮かび上がらせる その姿はきっと実際の信長像に近いんじゃないかな…
そして光秀も『光秀の定理』で読んだ光秀よりも この作品のほうがなんだかしっくりときた 生真面目な彼がどんどん追いつめられる様子は 信長襲撃を納得させる

ただ この2:6:2の原理(『パレートの法則』と言うのですね)
信長がこの原理に気付いた事で 彼の人生にどんな影響をもたらしたのか…
おもしろい視点だとは思うのですが あまりにこの数字に固執しすぎていて物語が偏ってしまっているように感じた

これは 大きく物事を捉えて大体こういう数字になる というものなんじゃないの?
『5人いるから1人は裏切る』って決めてしまうってなんか変な気がする
ましてやラストの光秀の信長襲撃のくだりは どうしても引っ掛かる
5人に話したから絶対に漏れる? 5人全員信用できることは絶対にないの??
襲撃の最終的なポイントがこの法則というのは なんとも受け入れ難い

この部分だけはひっかかったものの 全体的にとても面白かった
垣根涼介さんの作品をぜひ読み進めたいと思いました!
スポンサーサイト



コメント

No title

垣根作品、良いですよ~~~!

明日は無いシリーズもお勧めです

ヒートアイランドシリーズ、読みましたか?
これも良い

No title

☆あかんたれさん
垣根作品 私はあまり読んだことが無いのでお薦め嬉しいです!
『明日は無いシリーズ』『ヒートアイランドシリーズ』ですね ぜひ読んでみますね~
(^人^)感謝♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム