記事一覧

◎。錆びた滑車  若竹七海




文藝春秋 (2018/8/3)
女探偵・葉村晶は尾行していた老女・石和梅子と青沼ミツエの喧嘩に巻き込まれる。
ミツエの持つ古い木造アパートに移り住むことになった晶に、交通事故で重傷を負い、記憶を失ったミツエの孫ヒロトは、なぜ自分がその場所にいたのか調べてほしいと依頼する―。
大人気、タフで不運な女探偵・葉村晶シリーズ。 
オープニングで 『-中略ー その結果、青沼ヒロトと出会い、一つ屋根の下で暮らした。』 なんてあったので 葉村に色っぽい話か?!と期待したのに いつも以上の不幸ぶり… 少しでいいからいい夢見させてあげてよ~

葉村シリーズの作品ごとのキャラクターは淡々としていて 思い入れを持つことがあまりなかったんだけれど 今回の青沼ヒロトのキャラは死なせるのが惜しかった
ミツエと共に死なないで葉村のこれからの大家になって欲しかったなぁ…

長いシリーズですが どんどん良くなっている気がします
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム