記事一覧

◎。熱帯  森見登美彦



文藝春秋 (2018/11/16)
汝にかかわりなきことを語るなかれ――。
そんな謎めいた警句から始まる一冊の本『熱帯』。

この本に惹かれ、探し求める作家の森見登美彦氏はある日、奇妙な催し「沈黙読書会」でこの本の秘密を知る女性と出会う。そこで彼女が口にしたセリフ「この本を最後まで読んだ人間はいないんです」、この言葉の真意とは?
秘密を解き明かすべく集結した「学団」メンバーに神出鬼没の古本屋台「暴夜書房」、鍵を握る飴色のカードボックスと「部屋の中の部屋」……。
幻の本をめぐる冒険はいつしか妄想の大海原を駆けめぐり、謎の源流へ!

我ながら呆れるような怪作である――森見登美彦
森見作品、いつもながら評価の別れる作品ですね…
そしていつも通り、私は大好き! しっかりと楽しませて頂きました

読む前にレビューを拝見して『回想に回想を重ねる入れ子構造』だとか『読むほどにこんがらがってくる。混乱してくる。』とか書かれていたので覚悟して読んだせいか 思ったより読みやすく、纏まっている印象を受けました

パラレルワールドを思わせる展開は『四畳半神話体系』を、次々と展開してゆくテンポの良さは『宵山万華鏡』を彷彿させる


私には『熱帯=物語の世界』のように感じられました 人によって紡ぎだされる物語 の世界 それは千一夜の頃から綿々と続き 人が紡ぎ出す限り終わりはない…
そして魔王は作家 作家が描き出すと島が現れその世界の中で人々は活き活きと動き出す しかし物語を終えるとその人々は動かなくなり打ち捨てられて滅んでゆく

書く事に行き詰まった森見さんの日常から始まる所からも この物語は『森見さんの再生の物語』のように感じました
スポンサーサイト



コメント

No title

これまた200人待ち〜状態っす

はよ読みたい!
私は多分、読んだことない作家さんです。

No title

☆takakoさん
(/・_・\)アチャ-・・ 3桁がいくつもあると 予約の枠が少なくなって辛いですね~
でも そういう地域は蔵書数も多いはず! 早く回ってくればいいですね^^

森見さん お初ですか
個性の強い作家さんなので 好き嫌いが分かれると思いますが 私は大好きな作家さんです
感想を聞かせてもらえるの 楽しみにしてますね

No title

森見作品、『夜行』を読んだだけです!

これ、チェックさせて頂きますね
読解力に問題ありの私・・・ちゃんと読めるだろうか、って不安が

No title

☆あかんたれさん
あかんたれさんの読解力じゃなく 森見さんが変わってるのよ!
作品は個性的だし振り幅もひろいので 作品によっても好き嫌いの解れる作家さんだと思います
森見さん 初読みで『夜行』は馴染めなかったんじゃないかな?
これも私は好きですが 変な物語ですよ~(笑)

あかんたれさんのお好みに合うかわ解らないのですが これより『有頂天家族』をお薦めします

No title

らっじゃ~~~

No title

楽しんでいただけたらいいのだけれど…
外したらごめんよ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム