記事一覧

◎ フーガはユーガ  伊坂幸太郎



実業之日本社 (2018/11/8)
常盤優我は仙台市のファミレスで一人の男に語り出す。
双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。
僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。 

2019年 本屋大賞ノミネート作品!
テンポのいい展開、独特の感性とユーモア とても伊坂さんらしい作品です

悲惨な子供時代をしっかりと伝えながら これだけサラっと書けてしまう作家さんは少ないんじゃないかな…
彼の作品って 殺し屋がチャーミングに見えたり 残忍な拷問シーンがユーモラスだったり そのアンバランスさに惹かれます

今回は 入れ替わりが物語のネックになるんだけれど 扱いがちょっと中途半端
ありがちな設定だけに もうちょっと個性的な展開を期待したのだけれど…

そしてラストは やっぱり二人とも幸せになって欲しかったなぁ
(作品的にじゃなく あくまで感情的にです
)

スポンサーサイト



コメント

No title

積んであります。順番を早めて読むことにします!

No title

只今、図書館に予約中で〜す!

300人待ちだけど楽しみに大人しく待ってま〜す(^^)v

No title

SF的な話のわりには痛快というよりも重苦しい展開でした。子供時代の記述が読んでいてつらいものがありました。

本屋大賞ノミネート発表あったのですね。知らなかった・・・^^;

No title

☆こにさん
感想、楽しみにしています♪

No title

☆takakoさん
300人!!
私も昔住んでいた所は そんな感じでした
人気の作家さんの新刊は 出遅れると大きいですよね~(┯_┯) ウルルルルル

No title

☆あられもちさん
最近 実の親の子供虐待のニュースが後を絶ちません
それを受けての題材なのかと思いますが ほんとうにいたたまれない気持ちになりますね…

私もそういうニュースには疎いです これは本の紹介文に載っていたので…

No title

読みました!

伊坂作品のテンポ、好きなんですよね~

内容はちょっと重たかったですが、伊坂節健在

No title

☆あかんたれさん
(¨)(..)(¨)(..)ウンウン いいですよね~

こんな題材をこれだけさらっと書け、尚且つ温かみがあるというのは 凄い事だと思います

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム